栽培セット、インドアグリーンで暮らしの中で植物を育てる楽しみを提案。

ラベンダー  ラベンダー

 ハーブの女王ともよばれるラベンダー。爽やかな香りと可憐な花は、ポプリ、ドライフラワー、
 リースなどに使われます。また、精神安定、防虫・殺菌などの効果があるとされ、
 ハーブティー、ハーバルバスなどにも利用されています。

 ■発芽温度:15〜20℃
 ■種まき :春まき(3〜6月) 秋まき(9〜11月)
 ■生育温度:15〜25℃ 秋まきしたものは、冬場に日当りの良い室内で管理します。
 ■発芽日数:2〜3週間
 ■開花時期:6月〜
     栽培ポイント

 1:種は蒔く前に、一晩水に浸しておきます。

 2:始めに、土を湿らしておきます。タネは重ならないように点まきし、
   軽くおさえて土になじませます。
   発芽するまでは、土の表面を乾かさないようにして直射日光を避け、
   栽培に適した明るい場所で管理して下さい。
   ※土の乾燥を防ぐために、ラップなどを軽くかけておくと良く発芽します。
    発芽後は直ぐにラップを外して下さい。

 3:発芽後は適度に(半日以上)日当りと風通しの良い場所に置きます。
   水は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
   混み合った部分を数回に分けて間引きをし良い苗を残します。

 4:植え替えする場合は、苗が4〜5センチくらいに育ったら、大きめの鉢や、
   日当り、水はけの良い庭に植え替えます。肥料は4〜10月の生育期に、
   2週間に1度くらいを目安に液肥を与えます。



 ※気象条件・地域・標高など栽培環境により生長具合や栽培結果は異なります。
 ※種まきは、真夏・真冬をなるべく避け、管理しやすい時期を選んで下さい。
   (発芽・栽培適温に達しない場合は発芽しなかったり、生長不良になる場合があります。)
 ※発芽するまでと、生育初期は土の表面が乾燥しないように注意します。
 ※種子を食用・飼料用に使用しないでください。
 ※種や土などお子様が誤って口に入れないよう、取扱いには十分にご注意下さい。
 ※栽培を始めるまでは直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管して下さい。
 ※植物の生長には日光が必要です。ベランダや窓際など日光の当たる場所で栽培して下さい。


                             ■ハーブを育てるPoint TOP


Staff Blog
最新更新:2015.8.19
「ギフトショーに向けて」