栽培セット、インドアグリーンで暮らしの中で植物を育てる楽しみを提案。

培養土  培養土

 植物の栽培に最適な用土をミックスし、
 ゆっくり溶けていく緩行性の肥料を配合してあります。
 一般的に売られている培養土と異なり、水分はほとんど無く、
カビや細菌が発生する事がほとんどありません。
   ■栽培の始め方
アミを敷く 1:容器の底に穴がある物は、
  その穴をふさぐようにアミを
  敷きます。
土を入れる 2:容器に培養土を入れます。
  ※培養土を入れる時にホコリがでます。
    室外での作業をおすすめします。
  水をかける 3:土があふれ出ないように
  やさしく水を注ぎ、
  全体に土を湿らせます。
種を蒔く 4:全体に水が行き渡ったら
  タネをまきます。

 (タネのまき方は品種別の説明をご覧下さい)

  発芽を待つ 5:直射日光の当たらない、
  明るくて風通しの良い所に置き、
  発芽までは土の表面を湿った
  状態に保ちます。発芽したら
  日当り、風通しの良い所に
  置きます。
6:肥料は初期肥料として、
  緩行性の肥料が入っていますが、
  各植物の生長に合わせて
  薄めた液肥などを与えてください。
   
   ■栽培のポイント
 


    発芽前と幼苗のうちの水やりはキリフキでやさしく与え、タネが流れたり、幼苗が倒れないように注意します。

    水の与え過ぎで過湿になると、根腐れしたり生育不良になったりします。
    水は継ぎ足さずに、土の表面が乾いた頃に与えます。

 

Staff Blog
最新更新:2015.8.19
「ギフトショーに向けて」