栽培セット、インドアグリーンで暮らしの中で植物を育てる楽しみを提案。

フードコンテナ  フードコンテナ

 フードコンテナは水に強い素材の紙で出来ています。
 軽く清潔で、キッチンの窓辺など、室内での栽培に最適なうえ、
 栽培を楽しんだ後は一般の燃えるゴミとして処分できます。
   ■栽培の始め方
フタを取る 1:フタの部分を切り取ります。 ポットをセット 2:コンテナに半透明のライナーポットを
  入れ、穴の上にアミを敷きます。
  土を入れる 3:培養土を入れます。
  ※培養土を入れる時に
  ホコリがでます。
  戸外での作業をおすすめします
水をかける 4:やさしくやさしく水を注ぎ、
  全体に水を行き渡らせます。
  ※コンテナにたまった水はすててください。
  種を蒔く 5:タネをまき、直射日光の
  当たらない、明るくて風通しの
  良い所に置きます。
  ※発芽までは土の表面を
  湿った状態に保ちます。

  発芽したら日当りと風通しの良い
  所にフードコンテナを移します。

   
   ■栽培のポイント
 


    発芽前と幼苗のうちの水やりはキリフキでやさしく与え、タネが流れたり、幼苗が倒れないように注意します。

    
    フードコンテナには水ぬき用の穴がありません。水の与え過ぎで過湿になると、根腐れしたり
    生育不良になったりします。水は継ぎ足さずに、土の表面が乾いた頃に与え、コンテナにたまった水はすててください。

    
    フードコンテナでこのまま育てても小さな植物として楽しめますが、大きく育てたい場合は植え替えをします。
    植え替え:鉢土が乾いている時にライナーポットの両側を軽く押し、土との間に隙間をつくります。
    そのまま根をくずさないように注意して取り出し、大きめの鉢や花壇に植え付けます。
    肥料は初期肥料として、緩行性の肥料が入っていますが、各植物の生長に合わせて液肥などを与えてください。

 

Staff Blog
最新更新:2015.8.19
「ギフトショーに向けて」