栽培セット、インドアグリーンで暮らしの中で植物を育てる楽しみを提案。

育てるたまご  育てるたまご

 「育てるたまご」は陶器で出来た本物そっくりの「たまご形栽培セット」です。
 「たまご」のカラを割って水をあげると「たまご」から花やハーブの芽が出てきます。
 栽培を楽しんだ後のカラは、細かく砕いて鉢土に混ぜればリサイクルできます。
 
 ■始め方のムービー
   ■栽培の始め方
穴を開ける 1:「たまご」のとんがった方を
  上にして、傾けないように持ち、
  スプーンの背中で軽くたたきます。
  小さな穴が開いたら、
  あとは手で適当な大きさに穴を
  広げます。
  ※一番上に小さな紙片があります。
  タネが入っているので取り
  出さないでください。
水をかける 2:「たまご」を受け皿の上に乗せ、
  たまごの上からやさしく、
  やさしく水を注ぎます。
  種を蒔く 3:念のため予備タネを少しまきます。 水をためる 4:「たまご」を直射日光の当たらない、
  明るく風通しの良い所に置き、
  受け皿に水を貯めて底から水を吸わせます。
  発芽 5:発芽したら日当りの良い所に
  置きます。
  ※「たまご」は水はけが良いので、
  水切れに注意してください。
   
   ■栽培のポイント
 


    発芽前と幼苗のうちの水やりはキリフキでやさしく与え、タネが流れたり、幼苗が倒れないように注意します。

    
    長時間水をあげられない時は、大きめの受け皿に水を張って半日陰に置けば乾燥がふせげます。
    (注)水の深さは2センチ程度までにしてください。

    
    「育てるたまご」はこのまま育てても十分楽しめますが、大きく育てたい場合は植え替えをします。
     植え替え1:たまごの底シールを取り、そのまま鉢や花壇に植え付けます。
     植え替え2:片手でたまごを立てて持ち、硬いもので軽く「コン」とたたいてカラを割り、
           根を崩さないように注意して鉢や花壇に植え付けます。

    初期肥料として、緩行性の肥料が入っていますが、各品種の生長に合わせて液肥などを与えてください

 

Staff Blog
最新更新:2015.8.19
「ギフトショーに向けて」