栽培セット、インドアグリーンで暮らしの中で植物を育てる楽しみを提案。

ジフィー  ジフィー

 ふくらむ土はピートモスといわれる、湿地のみずゴケ類が堆積して泥炭化したものを、
 圧縮し固めたもので、水を含ませることで4〜5倍にふくれます。
 ※一般的には、水よりも暖かいお湯のほうが早くふくらみます。
  PH(酸性、アルカリ性の度合い)が調整され、微量要素の肥料が添加されています。
  通気性、保水性にすぐれ、育った苗をそのまま鉢や花壇に植え付けることができます。
   ■栽培の始め方
ぬるま湯をかける 1:説明書に書いてある分量の
  ぬるま湯を容器に入れ、
  ふくらむ土を浮かせます。
膨らみます 2:しばらく待つと大きく
  ふくらんできます。
  ※土が十分にふくらんでも
   水が残っている場合は
   容器を傾けて水をすててください。
  土をほぐす 3:ツマヨウジなどでつきほぐし、
  全体にならします。
  ※ふくらみ切ってない硬い部分が
   あればお湯を足してください。
種を蒔く 4:熱いお湯を使った場合は冷めるのを
  待ってタネをまきます。
  (タネのまき方は品種別の説明を
  ご覧ください)
  発芽を待つ 5:直射日光の当たらない、
  明るくて風通しの良い所に置き、
  発芽までは土の表面を湿った
  状態に保ちます。
  ※軽くラップをかけて
   おくのも効果的です。

   発芽したらすぐに(ラップを
   かけた場合ははずし)
   日当りと風通しの良い所に
   置替えます。

   
   ■栽培のポイント
 


    発芽前と幼苗のうちの水やりはキリフキでやさしく与え、タネが流れたり、幼苗が倒れないように注意します。
    一般的に「ふくらむ土」を使う栽培セットには水ぬき用の穴がありません。水の与え過ぎで過湿になると、
    根腐れしたり生育不良になったりします。水は継ぎ足さずに、土の表面が乾いた頃に与えます。


    ふくらむ土は性質上、一度カラカラに乾くと水を吸収しにくくなります。
    そうなった場合は土が浸かるまでタップリと水を与え、吸収するまで待って、余った水は捨てます。

 

Staff Blog
最新更新:2015.8.19
「ギフトショーに向けて」