栽培セット、インドアグリーンで暮らしの中で植物を育てる楽しみを提案。

多肉植物  観葉・多肉植物・エアープランツの管理

 色彩や形が様々な多肉植物やサボテン、観葉植物は
 見ているだけでも楽しませてくれるものです。
 水のやり方や管理の仕方を紹介します。
   ■多肉植物


 多肉植物とは、葉や茎や根が多肉化して水分を蓄えられる丈夫な植物で、主に乾燥地域に生育しています。
 ちょっと変わったかわいい植物は、形や色彩など千差万別でひとつひとつが個性的です。
 葉の色が季節によって変化する品種もあります。


 -管理の方法-
  室内で管理する場合はよく日の当たる窓辺などに置き、1日4〜5時間は日に当て、
  ときどき換気して下さい。強い西日は葉焼けの原因となりますので注意して下さい。
  冬は室内で5℃以上で管理して下さい。

 
 -水やりについて-
  環境によって異なりますが、水やりは10日に1回程度、
  ティースプーン1〜2杯を目安にあげて下さい。

 
   ■サボテン


 サボテンとは多肉植物という大きなくくりの中のサボテン科というファミリーです。
 サボテンも多肉植物と同様に、葉や茎や根が多肉化して水分を蓄えられる丈夫な植物で、
 主に乾燥地域に生育しています。サボテン科の植物は、多肉植物と違い
 トゲがあるのが特徴です。(例外もあります)トゲは外敵などから身を守り、
 綿毛が付いたものは、暑さや寒さをしのぐために進化したと考えられています。


  -管理の方法-
   室内で管理する場合はよく日の当たる窓辺などに置き、1日4〜5時間は日に当て、
   ときどき換気して下さい。強い西日は葉焼けの原因となりますので注意して下さい。
   冬は室内で5℃以上で管理して下さい。


  -水やりについて-
   環境によって異なりますが、水やりは10日に1回程度、
   ティースプーン1〜2杯を目安にあげて下さい。

   ■観葉植物


 花のない時でもちょっとしたグリーンさえあればお部屋がグンと明るくなります。
 葉の形状、色彩、斑などの模様も楽しめます。また、ほとんどが熱帯・亜熱帯原産の植物です。


  -管理の方法-
   直射日光を避けた明るい場所に置き、
   冬は室内の温度が氷点下にならない程度に管理して下さい。


  -水やりについて-
   環境によって異なりますが、乾燥をさせないように1週間に1〜2回程度与えて下さい。
   また、時々霧吹き等を併用して下さい。

   ■エアープランツ


 エアプランツはその名の通り空気中の水分や窒素などを吸収して

 生長する植物です。土が不要なので鉢物とは違った自由なアレンジを

 楽しむ事ができます。室内では、明るく風通しの良い場所に置く様にし、
 日が当たらない場合は週に3〜4時間はよく日に当てましょう。


  -水やりについて-
   週1〜2回程度、夕方から夜間に霧吹きで葉全体を湿らせて下さい。
   1ヶ月に1回ぐらい、水を溜めた容器にエアプランツを丸ごと
   4〜6時間程度浸して下さい。


Staff Blog
最新更新:2015.8.19
「ギフトショーに向けて」