栽培セット、インドアグリーンで暮らしの中で植物を育てる楽しみを提案。

底面給水  底面給水

 容器の底に貯めた水を吸水ひもで吸い上げ、土に水分をあたえる栽培方法です。
 通気性、保水性にすぐれ、植物の生育に最適な環境がつくれます。
 水やりの回数もへり、鉢回りも清潔に保てます。

 ■始め方のムービー
   ■栽培の始め方
不織布を敷く 1:吸水ひもが確実に
  付いているのを確認し鉢の底に
  不織布を敷きます。
土を入れる 2:鉢に土を入れ貯水カップにのせます。
  ※培養土を入れる時にホコリがでます。
  戸外での作業をおすすめします。
  水をかける 3:鉢に水を回しがけし、
  全体に水を行き渡らせます。
  貯水カップに溜まった
  濁った水はすててください。
種を蒔く 4:貯水カップを水洗いし、
  ポットを乗せた時にポットの底が
  付かない高さに水を入れます。
  貯水カップに鉢をのせ種をまきます。
  (タネのまき方は品種別の説明を
  ご覧ください)
  発芽 5:直射日光の当たらない、
  明るくて風通しの良い所に置き、
  発芽までは土の表面を湿った
  状態に保ちます。
  
  発芽したら日当りと風通しの
  良い所に置きます。
   
   ■栽培のポイント
 


    発芽前と幼苗のうちの水やりはキリフキでやさしく与え、タネが流れたり、幼苗が倒れないように注意します。

    
    葉ものなどはこのまま育てても楽しめますが、大きく育つ野菜などは植え替えをします。
    植え替え:根をくずさないように注意して取り出し、大きめの鉢や花壇に植え付けます。
         (品種別の育て方を参考にしてください)

 

Staff Blog
最新更新:2015.8.19
「ギフトショーに向けて」