栽培セット、インドアグリーンで暮らしの中で植物を育てる楽しみを提案。

ミニトマト  ミニトマト

 ミニトマトは普通のトマトに比べ病気にも強く、直径2〜3センチの実が
 房になって付きます。上手に育てれば夏のあいだ毎日のように収穫できます。
 ガーデニング初心者にも簡単に育てられ家庭菜園に最適です。

 ■発芽温度:25〜30℃
 ■種まき :春まき(3〜6月)
 ■栽培適温:20〜30℃
 ■発芽日数:4〜6日
 ■収穫時期:3〜4ヶ月
     栽培ポイント

 1:通常は小さなポットに4〜5粒の種をまき薄く土をかぶせ、
   直射日光の当たらない明るい日陰に置きます。

 2:発芽したら半日程度日の当たる窓辺に置き、本葉2〜3枚までに
   良い苗1〜2本を残し根元をハサミで切って間引きします。


 3:1番花が咲いたら苗を大きめの鉢に植え替え良く日の当たる場所におきます。
   ※ミニトマトの花が咲かない!
   〜考えられる3つの原因 3ヶ月目で花がつかなかったら〜
   ・日光が不足している
    風通しと日当りの良い場所を確保して頂き最低4〜5時間は日の当たる場所へ。
   ・水分が多い
    水が十分にあり安泰生活のため、子孫を残そうという本能が弱くなってしまっている可能性が
    ありますので何度かわざと萎えるくらいまで水を切らして刺激を与えてみて下さい。
   ・肥料が多い
    肥料はあまり必要としないため。ご使用頂いている肥料がありましたら使用を控えてみて下さい。

 4:肥料は小さな実が付きはじめたら1週間に1度液肥をあたえます。
   枝にはたくさんの実が付くので、早めに支柱を立て、枝が折れるのを防ぎます。



 ※気象条件・地域・標高など栽培環境により生長具合や栽培結果は異なります。
 ※種まきは、真夏・真冬をなるべく避け、管理しやすい時期を選んで下さい。
   (発芽・栽培適温に達しない場合は発芽しなかったり、生長不良になる場合があります。)
 ※発芽するまでと、生育初期は土の表面が乾燥しないように注意します。
 ※種子を食用・飼料用に使用しないでください。
 ※種や土などお子様が誤って口に入れないよう、取扱いには十分にご注意下さい。
 ※栽培を始めるまでは直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管して下さい。
 ※植物の生長には日光が必要です。ベランダや窓際など日光の当たる場所で栽培して下さい。


                           ■野菜と穀物を育てるPoint TOP


Staff Blog
最新更新:2015.8.19
「ギフトショーに向けて」