栽培セット、インドアグリーンで暮らしの中で植物を育てる楽しみを提案。

ネギ  ネギ

 いろいろな料理で薬味として活躍するネギ。乾燥には強いですが
 加湿には弱いので水はけの良い土や通気性の良い場所で育てましょう。
 根元を残して収穫するとまた生えてきます。

 ■発芽温度:18〜22℃
 ■種まき :春まき(3〜6月) 秋まき(9〜11月)
 ■栽培適温:20〜25℃前後
 ■発芽日数:5〜8日
 ■収穫時期:約2ヶ月〜
     栽培ポイント

 1:始めに鉢土を湿らせておきます。種は重ならないようにバラまきし、
   種が隠れるくらいの土をかぶせます。種をまいた後は優しく水をやり、
   土と種を密着させます。
   発芽するまでは、土の表面を乾かさないようにして直射日光を避け、
   栽培に適した明るい場所で管理して下さい。
   ※土の乾燥を防ぐために、ラップなどを軽くかけておくと良く発芽します。
    発芽後は直ぐにラップを外して下さい。

 2:発芽してきたら、順次混み合っている部分を間引きします。
   間引き後は、苗が倒れないように注意して最終的に
   元気の良い苗5〜6本を残します。
   残す苗を2〜3本にすると中ネギとして育てる事ができます。


 3:草丈が15cmくらいになった頃、市販の肥料を適度に株の周りに施してください。
   一度に大量の肥料を与えると品質が落ちるので注意してください。

 4:コネギの収穫の場合、種まきから約60日経ち、草丈が30cm以上伸びたら収穫できます。
   中ネギとして育てた場合は太さ約1.5cm、草丈が30cm以上伸びたら収穫できます。
   新しい葉を2〜3本残して摘み取れば、新芽が成長し再収穫することができます。

 5:葉が小さい頃は水分を切らさないように注意してください。
   大きくなってきたら、水分を控え気味にし、風通しの良いところで管理してください。



 ※気象条件・地域・標高など栽培環境により生長具合や栽培結果は異なります。
 ※種まきは、真夏・真冬をなるべく避け、管理しやすい時期を選んで下さい。
   (発芽・栽培適温に達しない場合は発芽しなかったり、生長不良になる場合があります。)
 ※発芽するまでと、生育初期は土の表面が乾燥しないように注意します。
 ※種子を食用・飼料用に使用しないでください。
 ※種や土などお子様が誤って口に入れないよう、取扱いには十分にご注意下さい。
 ※栽培を始めるまでは直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管して下さい。
 ※植物の生長には日光が必要です。ベランダや窓際など日光の当たる場所で栽培して下さい。


                           ■野菜と穀物を育てるPoint TOP


Staff Blog
最新更新:2015.8.19
「ギフトショーに向けて」